gutspose

一級建築士試験に合格するためには、合格に必要な状態を理解し、その状態に至るための学習方法をみつける必要があります。学習方法といっても、絶対的なものはなく、千差万別です。しかし、多くの受験生は、誰かに言われたことを疑うことなくやり続けてしまいます。

今日ご紹介するKさんは、自分にあった学習方法を見極め、合格されてました。ぜひ参考にしてください。

製図試験対策はこれでいいのか

海豆研究所 博士さま

今回の試験、やってしまったことが多く、正直、厳しいかな?と思ってましたが、おかげさまで何とか合格させて頂きました。

私のエスキス法は、自分なりにアレンジしたところもありますが、ほぼ、博士のコピーです。なぜなら、『エスキス』は、今まで(製図受験回数2回)誰も教えてはくれなかったからです。

昨年は、資格学校に通ったのですが、講師の方には「なんで、そこに配置するの?」といわれるだけで、そこからどうすればいいのかなど、何にも教えてもらえませんでした。

その当時から、このままでは落ちてしまうと感じ、自分なりに色々と調べたりしたのですが、結果不合格。肌に合わないと思い、今年は通信添削にしました。

そして、2014年3月、博士のトレース・エスキスの存在を知り、ダウンロードさせて頂きました。資料を拝見させて頂くと、これがとても無料とは信じられないほど分かりやすく、また、その都度ヴァージョンアップもされ、完成度を高めていく所に、受験生に対するやさしさを感じました。

たびたび、博士のサイトをチェックして、新しい情報を咀嚼し、そして、本試験を迎えました。

階振りまで1時間。エスキス終了まで2時間30分、計画の要点1時間、残りは作図とチェックという感じでした。作図については、博士の光速2時間作図法にてフリーハンドも練習していたのですが、添削講師に作図だけはケチをつけられなかったので、平行定規での作図としました。

添削講師にトレース・エスキスで書いたエスキスを送ると「時間がかかるだけ」みたいなことを添削されましたが、私は、博士のトレース・エスキスのおかげで合格できたと確信しています。

海豆研究所のホームページには、無駄なコンテンツなどありません。受験生必読です。

博士、本当にありがとうございました。

まとめ

どんなに選択肢があっても、試さなければ存在しないことと同じです。もし、今の学習スタイルに少しでも疑問があるなら、早い時期に試すべきです。早い時期であれば、新しい方法が自分に合わないとわかった時点で、前の方法に戻れます。製図試験直前になって、作図方法がわからない、エスキスのやり方がわからないと震えるのはやめませんか?

今日はここまで!!

trace-esquisse-under-banner6