katana
一級建築士製図試験は、課題文の条件を満たしていることを前提にすると、ある意味パズルです。立体的なパズルを二次元で考えることを求められます。

思いのほか、この立体パズルが苦手な受験生の方が多いです。条件の整理まではできたけど、そこから先が進まない、という状態です。ちょっとしたコツを知るだけで、プランニングのスピードは向上します。ぜひ、試してみてください。

製図試験対策に欠かせない空間構成が上手くなるコツ

スタッキング

簡単に言うと、同じようなボリュームを上下で積み上げることです。スタッキングチェアのスタッキングです。

まったく同じボリューム、同じ室数である必要はありません。組み合わせも可能です。

vo1

このように、上下でまとまったボリュームを積み上げると、コアの位置が決めやすくなります。同じような大きさのボリュームを上下に積むということは、ヨウカンを切るように、建物を垂直方向に切り離して考えられるからです。

コアも上下に貫通しているので、垂直に切れますよね?吹抜けも同様です。その結果、水平方向に干渉することなく、”縦の筒”としてボリュームやコアを動かすことができます。

例えば、平成24年度『地域図書館』では、
ボリューム1:小ホール
ボリューム2:吹抜け
ボリューム3:図書部門
となります。

トレース・エスキスのモデル課題もあわせてご覧ください

支配的な要素を上手くスタッキングすると、コア位置が検討しやすくなり、動線がさばけて、あとは小物を適宜
計画するだけ、になります。

ここで、上下のボリュームをずらしてみましょう。コア位置が限られ、さきほどよりも、やりづらくなることがおわかり頂けますか?

vo2

すべての課題で有効な方法とは限りません。建物構成上、支配的な室・室のセット・部門を課題文から読み取り、その候補として検討してみてください。あっという間に、プランニングできることもあります。

スタッキングできないときは、無理にこだわる必要はありません。あくまでも、空間構成を考える際のきっかけにしてください。

プッシュバック

主に主出入口のあるフロアでのお話です。

入口から見て、奥に大きなボリュームを押しやると、計画が比較的やりやすくなります。理由は、手前(入口側)にまとまった共用部分がとれることで、動線がさばきやすくなるからです。

pushback

なんとなくやっていた方もいると思います。これからは、意図的にやってください。

特に、短辺方向からのアプローチの場合は、効果的です。平成18年が典型例で、奥に診療所を押し込むと手前が、レストランと住居部門のエントランスで案分できました。

まとめ

繰り返しますが、今日紹介した方法は、課題文の条件に違反していないことが大前提です。テクニックだけを優先してしまうと、ランク1を逃します。テクニックは上手に使って、エスキスを有利に進めましょう。

今日はここまで!!

trace-esquisse-under-banner6