moji

文字について質問を頂きますが、大きな勘違いをされている一級建築士受験生が少なくありません。まずその誤解をといてから、作図に取り組みましょう。

製図試験の文字は文字ではない

図面中の文字は図面の一部であって、それ自体が独立したものではありません。つまり、図面の中の一記号なんです。文字だと思って書こうとするから、きれいじゃなきゃいけないとかいう話になります。図面の線と同じように、記号として、文字も”描いて”ください。

図面の文字の存在意義は、線では表すことのできない情報を追加することです。

そして、採点者にその情報が伝われば十分です。文字そのものがきれいである必要は全くありません。もちろん、読めないものはダメです。認識できない文字は、存在しない情報と同じ扱いを受けます。

採点者に伝わる文字とは?

十人十色、文字は個性そのものなので、今更直しようがありません。博士も正直言って、手書きの文字は苦手です。そこで、図面情報の一部として文字を描く際のコツをお伝えします。

1.はねない

はねると荒々しさが際立つので、止めてください。正しい漢字の書き方ではありませんが、気にしない。キッキッキッという感じで止めましょう。

2.はらわない

急いでいるときほど、はらうとやたら長くなって、作図の線と重なって見づらくなります。これ、1.と同じように積極的に止めてください。

3.つづけない

書きなれた文字はいいのですが、続けてしまうとやはり認識しづらくなります。焦っても、1ストロークずつ的確に切り離してください。

4.マスを出ない

たまーに、文字の上下に4㎜間隔で線を引いてから文字入れしている方がいます。合否に一切関係ありません。5㎜方眼のマスに合わせて、バシッと描いてください。

練習方法

作図練習のときだけでもいいですが、効率的に練習したいならこちらです。
もじもじ練習帳2015をダウンロード

一日一枚こなすワークシートになっています。たった15分練習をつづけるだけで、だんだん機械的な文字になります。博士は受験生のときにだいぶやりました。今でも機械的な文字です。

まとめ

自信ありげに堂々とした文字を描いてください。繰り返しになりますが、きれいである必要はありません。読めれば、伝われば、十分です。

今日はここまで!!

trace-esquisse-under-banner6