power
こんにちは、博士です。

課題を解いたら、回答例に近かった・遠かったと、一喜一憂して終わっていませんか?それでは、また痛い目にあうかもしれません。なぜなら、せっかく課題を解いても、合格に必要な2つの能力が身についていないからです。

合格に必要な2つの能力とは?

先見力

先見力とは、細かなプランニングをしなくても、ゾーニングの段階で、これはダメ・これはイケルと判断できる能力のことです。

合否は、ゾーニングで決まります。この時点で、適切なパターンを選択できれば、受かったも同然。プランニングで苦しむこともなくなります。

対応力

次に、対応力とは、どんなパターンを選択しても、合格レベルのプランにまとめあげる能力です。

もし運悪くパターンの選択に失敗しても、合格レベルのプランを作れるように準備しておけば、もう怖いものはありません。

この二つがあれば、鬼に金棒です。対応力は、先見力の”保険”になります。

これらの能力を身に着けないということは、免許もないのに公道で車を運転するぐらい危険な行為です。

限られた時間の中、極度の緊張状態で、何度も何度も選択を迫られます。選択ひとつずつの小さなずれが、最後は大きなミスとして返ってきます。年に1回しかない試験で、ギャンブルしますか?

身につける方法

では、どうやって身につけるのか?

同じ課題を、3回解きましょう。少なくとも2回は解いてください。

  • 1回目で上手く解けても解けなくても、2回目を解きます。
  • 2回目では、1回目で捨てたパターンで解きます。エスキスをゼロからやる必要はありません。
  • 1回目で捨てたパターンが、ほんとにダメなパターンだったのか、プランニングまでして確認します。

やっぱりダメパターンだった場合

今後の課題でも、そのようなパターンを選ばないようにしましょう。

しかし、もし試験本番で誤って選んでしまった場合を想定して、そのパターンで合格レベルに引き上げるプランを考えます。ぎりぎりランク1を狙う感じです。

ダメパターンでプランニングを磨くことで対応力が上がります。プランニングの引出が増えます。

1回目で捨てたパターンのほうが良かった場合

あなたの感覚を修正しましょう。
なぜ、そのパターンを1回目で捨てたのか。
なぜ、その判断にいたったのか。条件を読み落としたのか、勝手に条件を加えたのか。

パターン出し

  • 3回目では、1回目2回目で捨てたパターンで解きます。

もし、1回目に3つパターン出ししていなければ、新たにパターンを考えましょう。

普段のエスキスでは、少々無理してでも3つのパターンを出してください。緊張した試験当日でも、2つは出せるようになります。2つ出せれば、比較することで、客観的になれます。

答えを見た後だと解き直しができない?

回答例を見てしまうと、2回目3回目ができないとうのであれば、回答を見る必要はありません。2回目3回目を解いてから回答例をみてください。

一方で、回答例を見てしまうと、印象が強すぎて他のプランを作れないとしたら、初見でのパターン出しが甘いとも言えます。

支配的な空間の要素を課題文から読み取れていれば、回答例と異なるパターンは必ず出せます。マイナーチェンジだけで、パターン出しをしていると、似たり寄ったりになってしまいます。

まとめ

課題を1回しか解かないなんて、もったいなさすぎます!!課題を解いて効果があるのは、2回目、3回目です。面倒くさがらずに、ぜひ試してみてください。

今日はここまで!!

trace-esquisse-under-banner6