エスキス

ではありません!!

重要なのでもう一度。

”エスキスとは順番にひとつひとつ決定を下してくいく作業ではありません。”

よく、

  1. アプローチを決めて
  2. 器を決めて
  3. ゾーニング決めて
  4. 室の配置を決めて

と順番に決定するエスキスをしている方がいます。

もちろん、その結果がハマレばOKです。合格です。でも、出題者からすると、そんな決め打ち星人の出鼻をくじくことは難しくありません

例えば、2面接道の敷地だと、短辺:管理者、長辺:利用者、と検討なしに決める受験生の方は多いと思います。そのような決め打ちに対して、矛盾するような条件を設定することはとても簡単です。

一級建築士製図試験の合格に必要なエスキスとは?

合格に必要なエスキスの過程のほとんどが”仮定”です。

情報を整理して、選択肢を並べ、課題文の要求をもっともバランスよく満たす”組み合わせ”を最後に選びます。決めるのは、エスキスが終わる15~20分前です。

正直、気持ち悪いです。何も決定しない状態をおよそ2時間継続するのですから。

この気持ち悪さに耐えきれず、順番に決め打ちしていくと、バランスのとれたプランではなくなります。出題者の思うツボです。

お弁当屋さんで例えるなら、決め打ち星人は材料の下ごしらえもそこそこに、いきなり味付けしていく感じです。他のおかずとのバランスや、彩り、一切気にしません。和?洋?中?関係ありません。

ハンバーグに添えるグラッセ用のニンジンを、勝手に金平にしたあげく「これいいでしょ?すてきでしょ?」とドヤ顔。注文を理解してねぇ・・・

そして配達先で言われるわけです。「こんなお弁当、頼んでません」と。

「ニンジンは金平にするのが一番好きなんです!!キャハ」と言っても意味がありません。クライアントのオーダーを無視したらアウトです。

いかに要求された条件を1つでも多く、少しでも精度高く満たすか?が勝負です。どこか一か所だけ上手くプランニングできても、合格はできません。よく見る、管理部門だけ完璧星人も危ういです。

エスキス手順の確認

  1. 情報を整理する
  2. 選択肢を並べる=パターン出し
  3. バランスの良い組み合わせを選ぶ

少なくとも、強制的に2パターンは出すようにしましょう。

そうすることで、”選択肢から選ぶ”という作業が発生します。いくら自分が「これがいい!!」と思っても、無理矢理2つ目のパターンを出すことで、ほんの少し客観的になれます。最後に組み合わせを選ぶ段階で、当初の印象とは変わるかもしれません。

パターン出し

まとめ

エスキスに対して上記のような理解ができるようになってから、自分のエスキスが変わったように思います。実際に、目の前でエスキスをお見せできないので、もどかしいですが、私たちのエスキスはただひたすら候補を上げて、最後に選ぶという工程をしているだけです。それで十分合格できます。特別なテクニックは一切いりません。

今日はここまで!!

trace-esquisse-under-banner6