cores
エスキスで、予想以上につまづくのがコア位置の検討です。なかなか決められず、あーでもない、こーでもないと言っているうちに、時間が過ぎていきます。少しでも効率的にコア位置を検討するための方法をご紹介します。

エスキスはベーシックコアで速くなる

考えるな

4コマ×6コマの場合、計算上、コア位置は276パターンありますが、隣合うパターンなど現実的でないものも含まれます。そのため、計画に使えるコア位置のパターンは、実は多くありません。

50年分の過去問を分析した結果、コア位置検討のとっかかりは、たったの6パターンで良いことがわかりました。そのコア位置のままプランが出来上がるとは限りませんが、課題を解くたびにゼロから考える必要はなくなります。

コア位置の検討に入る冒頭で、時間をロスすることはもうありません。6パターンのいずれかを皮切りに、ゾーニングのパターン出しに入ってください。

しかも、敷地形状とメインアプローチの組み合わせから機械的に選択するだけなので、6パターンから選択する煩わしさもありません。

ベーシックコア

コア位置検討の基本となる6つのパターンをベーシックコアといいます。
北・南・東西×縦・横=6パターン
basiccore

この6つを覚えるだけで、無駄な時間を最小限に抑えることができます。

お気づきでしょうか?敷地との組み合わせがあるので、6パターンですが、コアの配置だけなら実質2パターンしかありません。

コア位置の特長

4コマ×6コマの場合

  • 2コマ以上離れている
  • 2方向避難を確保しやすく、重複距離を回避しやすい。

  • 中心線を跨いでいる
  • 動線が分離しやすく、空間をさばきやすい。

使い方

  1. 取れる器が縦長か横長かを敷地から判断
  2. メインアプローチが北入り・南入り・東西入りのいずれかを判断
  3. ベーシックコアから1つ選んでゾーニング開始

エスキス手順との関係については、こちらから。
初受験生でもウカル簡単トレース・エスキス

まとめ

誤解がないように繰り返しますが、この6パターンのコア位置を最後まで動かすな、という意味ではありません。あくまでも、検討の導入として採用してください。特に、初受験生は考える工程を減らすべきです。エスキス時間を有効に使うために、できるだけシンプルにいきましょう。

今日はここまで!!

trace-esquisse-under-banner6