一級建築士試験の合格をめざす初受験生に学科と製図の勉強方法を公開しています。あなたは、一人じゃない。だって海豆研究所がついてるから!!

海豆研究所

  • HOME »
  • 海豆研究所

海豆研究所が支持される理由

合格に必要な情報以外、発信しません。

多くの一級建築士受験生から支持をいただき、2007年の開設以来、1,000人以上の合格に貢献してきました。私たちは、初受験生を合格に導くことができます。海豆所員全員が初受験に失敗したからこそ、どうすれば初受験生が合格できるか、わかっているからです。

一級建築士試験の勉強で、お金がない・時間がないは、いいわけです。私たちと一級建築士の合格を目指しませんか?もう、逃げるのはやめましょう。

海豆が一級建築士受験生に選ばれる理由をご紹介します。

簡単

すべてのコンテンツが初受験生でも使いこなせます。単純でシンプルなコンセプトをもとに開発されたコンテンツは、時間がなくてもお金がなくても受験生のお役に立ちます。簡単だからこそ、勉強を続けることが苦になりません。

効果的

何よりも合格に効きます。それを証拠に、海豆ユーザーの合格者は、初受験生ばかりです。再現性のないコンテンツは、公開しません。ほとんどの受験生に効果があるものを厳選しています。

画期的

そして、合格できない方法で何年勉強しても、合格はできません。これまでの常識を疑い、海豆研究所では”逆張り”を基本とした戦略で、受験生の合格を実現します。
つまり、

  • 誰もやらないからやらないのか
  • 誰もやらないからやるのか

なら、海豆は後者を選びます。

Buy when others sell; Sell when others buy.
人の行く裏に道あり花の山

はじめた理由

なぜ、こんなに本気で一級建築士受験生をサポートしているのですか?とよく聞かれます。上でも触れたとおり、私たちは全員、一級建築士試験の初受験で落ちました。初受験どころか、3人合わせて、何十回と試験に落ちています。不合格通知が郵便受けに届くのは、年間行事となっていました。

このまま終わっていいのか?

多くのものと引き換えに一級建築士試験に合格したときは、ほっとしました。嬉しいと言うより、これで終わったんだという安堵感のほうが大きかったです。

しかし、合格発表から少し経つと気持ちに変化がでてきました。これで終わっていいのか、と。その理由は、これから受験する受験生が、私たちのように、またゼロから同じ失敗を重ねていくのだとしたら、バカバカしく思えたからです。

この21世紀に、情報インフラの整った、OECD加盟国、JAPANで、一級建築士になりたいがために、あえてお金と時間をかけて、数万人の受験生が、もくもくと同じ過ちを犯していく光景。ありえないありえない。

そこで、自分たちの失敗をインターネットを通じて発信していくことにしたんです。一人でも多くの受験生が、最小の時間と労力で合格できるように。最初は、お世辞にも見やすいホームページではありませんでした。

これからの目標

もっともっと刺激的で、合格に直結するコンテンツを発信していきます。海豆に出会えてほんとによかったと言ってただけるよう、全力でコンテンツ開発に励む所存です。

私たちはたくさんの方たちに支えられて一級建築士試験に合格することができました。次は、私たちが受験生を支える番です。そして、あなたが合格する番です。

”海豆”のゆらい

南方から流れ着く、マメ科の植物を”海豆”といいます。
一級建築士試験を大海原に例え、海を渡ってきた海豆のように、受験生にも試験勉強を乗り切ってほしいという願いから名づけました。

お問合せはこちらから

facebookページ

一級建築士試験関連の最大級コミュニティ
https://www.facebook.com/umimamelab

※いいね!をしておくだけで様々な特典をゲットすることができます。

twitter

受験生の方たちとまったり交流中
https://twitter.com/umimame

協力企業

教育的ウラ指導:一級建築士試験対策
佐川急便株式会社:ロジスティックス
アークベル株式会社:映像制作

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

Warning: Unknown: open(/tmp/sess_62c7591b2b39a9a00cc7c6fc5a379975, O_RDWR) failed: Read-only file system (30) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/tmp) in Unknown on line 0